News

EU離脱に「いいかげんにしろ!」いらだつ英自動車業界

日本経済新聞

映画「007」の主人公の愛車「ボンドカー」で知られる英高級車メーカー、アストンマーティン。同社のトップ、アンディ・パーマ―氏が4日、英自動車工業会のイベントの記者会見で英国の欧州連合(EU)離脱について聞かれ、こうほえた。「いいかげんにしろ!(Pissed off!)という気持ちだ」。英自動車工業会によると2018年の国内生産台数約150万台の8割が輸出され、そのうち53%はEU向けだった。完成車のEU向け輸出の関税は…

このエントリーをはてなブックマークに追加