News

海外日本食 成功の分水嶺(95)マルコメ(タイランド)〈上〉

●日本の発酵食文化を海外へ だし入り味噌「料亭の味」や「液みそ」などでおなじみの大手味噌メーカー「マルコメ」(長野県)。今や世界の「MISO」として知られるようになった日本の伝統発酵食品「味噌」だが、東南アジア市場を統括する同社のタイ法人「マルコメ(タイランド)」が設立されたのは2013年のこと。意外にも歴史はそう古くない。それ以前は、現地資本の販売代理店(ディストリビューター)などによる代理販売が供給を担ってきた。

このエントリーをはてなブックマークに追加