News

韓国、ミャンマー投資攻勢 ロヒンギャ対応に理解 日米欧と一線

SankeiBiz

日本が長く関係を築いてきたミャンマーで、韓国の官民が投資意欲を高めている。韓国はベトナムで、日本に先駆けて本格進出し「韓国の牙城とした」(韓国人記者)経験を持つ。イスラム教徒少数民族ロヒンギャの迫害問題で欧米や日本が投資に二の足を踏む中、積極姿勢が際立っている。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加