News

ファストリが20年8月期業績予想を下方修正 暖冬と韓国、香港事業の苦戦受け

WWD JAPAN

「ユニクロ(UNIQLO)」を運営するファーストリテイリング(以下、ファストリ)の2019年9~11月期決算(国際会計基準)は、売上高に相当する売上収益が前年同期比3.3%減の6234億円、営業利益が同12.4%減の916億円だった。暖冬による冬物不振、韓国、香港での営業赤字などが響いた。12月も引き続き冬物販売に苦戦したことに加え、足元の韓国、香港状況を踏まえて、20年8月期の業績予想を下方修正した。修正後の予想は、売上収益が2兆3400億円(修正前は2兆4000億円)、営業利益が2450億円(同2750億円)。...

このエントリーをはてなブックマークに追加