News

イラン報復、日本市場も直撃

日本経済新聞

東京市場の取引開始時を狙ったかのごときタイミングで、イランによるイラク駐留米軍基地へのミサイル発射の第一報が流れた。その後、米国とイラン両サイドから戦争へのエスカレートは望まずとのニュアンスが強いコメントが流れ、金融・資本市場はいったん「水入り」の様相だ。...市場の反応もパニックにはならず、冷静に今後を見極める姿勢が目立つ。...

このエントリーをはてなブックマークに追加