News

海外拠点から被害拡大 規制への対応も課題

日本経済新聞

人材確保に匹敵する難題が、海外子会社や取引先の管理だ。シーサートを作っても、中核本社を守るだけでは意味がない。管理が甘い海外拠点を踏み台にして侵入を試みる「サプライチェーン攻撃」への対策が急務になっている。17年、日立製作所の社内ネットワークに「ワナクライ」ウイルスが蔓延(まんえん)し業務に支障が生じた。発端は、欧州のグループ会社の顕微鏡が攻撃されたこと。あらゆるモノがネットにつながる「IoT...

このエントリーをはてなブックマークに追加