News

韓国・電機産業の末路、日本を追う側から中国に追われる側へ転落か

DIAMOND ONLINE

近年の韓国経済にとって、半導体やITを中心とする電機産業界は景気牽引の原動力となってきた。1990年代以降、韓国の電機業界は、さまざまな分野でわが国の電機業界を追いかけ、追い越していった。ところが最近、韓国電機業界の立場は、“追う側”から“追われる側”に変わりつつある。中国や台湾企業が半導体分野などで生産能力を高め、猛烈な勢いで韓国企業を追いかけているからだ。それはかつてのわが国企業と韓国企業の関係を髣髴(ほうふつ)とさせるものだ。...

このエントリーをはてなブックマークに追加