News

中国が読解力・数学・科学の3分野でトップ-OECDの15歳学力調査

Bloomberg

15歳の学力を測る経済協力開発機構(OECD)の学習到達度調査(PISA)で、中国が読解力と数学的応用力、科学的応用力の3分野でいずれもトップとなった。家計所得が加盟国平均を大きく下回る中国だが、科学的応用力と数学的応用力が他国を大きく上回った。読解力では中国の下位10%ですらOECD平均より成績が良かった。グリアOECD事務総長は「今日の学校の質が明日の経済の力を生む」と指摘した。...

このエントリーをはてなブックマークに追加