News

任天堂が中国に再挑戦、「据え置き・携帯」両用に期待

Bloomberg

任天堂と提携するテンセント・ホールディングス(騰訊)が4日、「スイッチ」の中国販売について新たな情報を発表する。アナリストらは「据え置き型であり携帯型でもある」という特長が、世界最大のゲーム市場に受け入れられる可能性に期待している。岩井コスモ証券の川崎朝映シニアアナリストは「中国のゲーム市場はネット、PC中心だが、だからこそ据え置き型が広がる可能性があり、市場規模も大きい」と指摘。日米欧など先進国中心に展開してきた任天堂にとって、中国進出は株価にも「プラスに働く」とみている。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加