News

従業員が「不足」の企業は39.6%、10年連続で増加 日本公庫調査

財経新聞

26日、日本政策金融公庫が「小企業の雇用に関する調査結果」を発表した。これは同公庫の取引先である1万企業(小売業、卸売業、飲食店・宿泊業は従業員10人未満、製造業、サービス業、情報通信業、建設業、運輸業は同20人未満)を対象に調査を行い、回答のあった6,836社分を集計・分析したもの。建設業などを中心に人手不足が続いていることで、事業に支障が出ている企業や、賃金が上昇傾向となっていることが分かった。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加