News

シリコンバレーの新たな現実、10兆円消滅の波紋

THE WALL STREET JOURNAL

シェアオフィス大手のウィーワークや配車大手ウーバー・テクノロジーズといった最も天高く舞い上がったシリコンバレーの人気者たちが、今年に入って計約1000億ドル(約10兆9000億円)の企業価値を失った。これを受け、ベンチャーキャピタル(VC)の投資家は一段と慎重になり、新興企業の一部は成長より収益性を強調するようになった。...

このエントリーをはてなブックマークに追加