News

外資規制の改正外為法が成立、安保分野の監視強化と審査簡素化

Bloomberg

外資規制の強化などを盛り込んだ改正外為法が22日の参院本会議で、全会一致で可決・成立した。国の安全保障に関わる産業への外国投資家による直接投資の監視を強化する一方で、資産運用を目的とした投資については審査手続きを簡素化する事前届け出免除制度を導入する。改正外為法は、安全保障に関連する上場企業株を外国投資家が取得する際に義務付けている事前届け出の基準を、現在の発行済み株式の10%以上から1%以上に改めるなど...

このエントリーをはてなブックマークに追加