News

飲食店の新トレンド「ゴーストレストラン」を生んだ中国企業

Forbes

米国のテック企業が中国を模倣するトレンドにまた1社が加わった。元ウーバーCEOのトラビス・カラニックが設立したゴーストレストラン企業の「クラウドキッチンズ」だ。ゴーストレストランとはその名の通り店舗を持たずに運営する、フードデリバリーに特化したレストランのことだ。この業界のパイオニアとされるのが北京本拠のスタートアップ「パンダ・セレクテッド」だ。カラニックは数年前にウーバーが中国に参入した際から、中国のスタートアップに注目しており、彼が事業のアイデアを中国から得たことに疑いはない。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加