News

米スタバの「誰でもトイレ使用可」方針と企業のジレンマ

Forbes

スターバックスはおよそ1年半前、米国内の店舗では商品を購入しない人にも座席とトイレの使用を認めるという新たな方針を発表した。フィラデルフィアの店舗で起きた人種差別的な問題(店で待ち合わせをしていた黒人男性2人が何も注文せず席に着いていたことを理由に店側が警察に通報。男性らが逮捕された)を受けての決定だった。だが、このほど発表された調査結果によれば、「すべての人にとっての“第3の場所”になる」という方針のために、同社は大きな代償を支払うことになっている可能性があるという。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加