News

「和牛」知財保護、法整備へ動く 受精卵不正持ち出し

日本経済新聞

和牛の受精卵などが中国に不正に持ち出された事件は、日本の有力な輸出農産品である和牛を守る法規制がなく、遺伝資源が水面下で海外流出している実態を浮かび上がらせた。農林水産省は法制度を整備し、受精卵や精液などを知的財産として保護する考え。権利保護の枠組みや罰則などについて、専門家を交えて本格的な検討を始めた。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加