News

日本の企業文化に魅せられたインド人が、中東三井物産の副社長を務めるまで

Forbes

日本人が世界に飛び出し、グローバルな活躍を期待された「グローバル化1.0」時代から、日本人が国内や企業の中で外国人たちと共存することが求められる「グローバル化2.0」へと時代は移行している。今回は、三井物産の海外ローカル社員から中東三井物産・副社長となったファイサル・アシュラフ氏との対談取材をさせてもらった。アシュラフ氏はどのようにして日本企業の文化に溶け込んでいったのか、そして日本の大手商社である三井物産は彼をどのように受容していったのか。…

このエントリーをはてなブックマークに追加