News

中国の圧力に「無条件降伏」したNBAの罪

NEWSWEEK

10月4日、NBA(に所属するヒューストン・ロケッツのゼネラルマネジャー、ダリル・モーリーが「香港と共に立ち上がろう」と書かれた画像をツイッターに投稿。中国の国営メディアとソーシャルメディアから大きな批判を浴びた。NBAは直ちに、これはあくまでも個人の意見で、NBAは関与していないという声明を発表し、英語と中国語で謝罪した。何しろNBAにとって、中国は数十億ドルの市場。それを危機にさらしたくはない。だが、この決断はアメリカのビジネスにとって大きな意味を持つ。...

このエントリーをはてなブックマークに追加