News

ノーベル賞受賞に必要な「時代の空気」 日本人が今後も続くには?

ニュースイッチ

7日からノーベル賞の発表が始まる。2018年には京都大学高等研究院の本庶佑特別教授が生理学医学賞を受賞したが、日本の科学技術分野の研究力低下を心配する声は年々高まっている。14年から約2年間、スウェーデンにある日本学術振興会のストックホルム研究連絡センター長を務めた大阪大学の阿久津秀雄名誉教授に、日本の研究開発の現状や、日本人の今後のノーベル賞受賞に向けた課題などについて聞いた。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加