News

会社員から経営者へ。「会社の買収」が新たなキャリアの選択肢に

Forbes

中小企業庁の調査によれば、今後10年間で70歳(平均引退年齢)を超える中小企業・小規模事業者の経営者は約245万人に増える、という。それに伴い、危惧されているのが「後継者」だ。245万人のうち、約半数の127万(日本企業全体の約3割)が後継者未定の状態にある。これは「2025年問題」と言われ、いま社会的な問題となっている。こうした問題を解決するのは、もしかしたら「会社員」かもしれない。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加