News

ソニー、半導体の分離拒否 米ファンドに回答

日本経済新聞

ソニーは17日、米ファンドのサード・ポイントが求めていた半導体事業の分離・上場を拒否すると発表した。半導体は今後の成長の中核と位置付け、社内の他事業との相乗効果も大きいと判断した。金融子会社の株式の継続保有も決めた。オリンパス株売却などの要求には一部応えたが、中核事業については譲らない姿勢をサード・ポイントに示した。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加