News

アジアの消費者はブランドの「推し変」をする傾向

ECのミカタ

世界最大級のマーケティング調査&データ分析企業であるニールセンカンパニー合同会社はブランドと消費動向に関する調査結果を公表した。世界全域では39%の消費者がブランド選択の際の最重要決定要因としてコストパフォーマンスを挙げ、34%が品質のよさ、31%が利便性と答えた。アジアは、ブランド選択の際にコストパフォーマンスが最重要決定要因とならない唯一の地域であり...

このエントリーをはてなブックマークに追加