News

中国EV市場を襲う「2020年」問題、補助金カットで業界再編へ

Forbes

中国版テスラとして注目を集めたEV(電気自動車)メーカー「NIO」は、2018年9月にニューヨーク証券取引所に上場した。しかし、NIOの株価は今年に入り58%下落し、現在44歳の創業者のWilliam Liはビリオネアの地位を失った。中国政府はEV向けの補助金の削減を決めており、投資家の間では、EV分野への投資を控える動きも起きている。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加