News

マルチタスクがいまだに過大評価される理由

Forbes

マルチタスクは誰もがすることだ。あなたも今まさにしている最中かもしれない。 「マルチタスク」という言葉は1960年代に初めて登場し、以降徐々に知られるようになった。特に、コンピューターの時代が到来し、複数のことを同時にする機会が増えてからは広く普及した。だが生産性の観点では、マルチタスクは一般的にとても悪い行為だ。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加