News

「東芝ココム事件」再び!?米中貿易摩擦の飛び火に金融庁が警鐘

DIAMOND ONLINE

米国が中国からの一部輸入製品に対して、追加関税を引き上げ対立が深刻化する中で、30年以上も前に起きたある事件が今、政府関係者の間で話題になっている。 バブル経済の真っただ中にあった1987年に発覚した、東芝機械によるココム規制違反事件だ。ココムとは、対共産圏輸出統制委員会のこと。当時は米国が中心となり、旧ソ連(現ロシア)などの共産圏に対し、軍事転用の恐れがある製品を輸出することに、目を光らせていた。 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加