News

中国の「信用社会」はどこまで信用できるか

東洋経済

アリババが所有するデータや政府関係部門からのデータを基に、主に属性(身分の特徴、学歴情報など)、信用記録(借金返済や公共料金の支払い、交通違反などの記録)、返済能力(財産状況、電子決済アプリの残高など)、嗜好や消費習慣、人間関係という5つの側面から評価し、その結果をスコアにしている。言うまでもないが、中国が信用社会の構築を求める背景には…

このエントリーをはてなブックマークに追加