News

即席麺市場、東南アジア拡大の兆し

日本食糧新聞

袋麺やカップ麺などアジアの即席麺市場が一時の停滞から回復し、拡大の兆しを見せ始めている。年間の消費量トップは14億人の人口を擁する中国だが、このところ微減傾向にある。代わって大きく消費を伸ばしているのが、インドやベトナム、フィリピン、タイといった南アジアや東南アジアの国々だ。どんな事情や背景があるのか。…

このエントリーをはてなブックマークに追加