News

東京五輪後に「全国住み放題」が広がる理由

東洋経済

月4万円で全国住み放題――。そんなキャッチフレーズが目を引き、話題となっているのが、全国の空き家と泊まりたい人とをマッチングするCo-Living(コリビング)サービスの「ADDress(アドレス)」だ。同サービスを使えば、全国の好きな場所を移動しながら、仕事したり、生活したりすることができる。運営会社アドレスの佐別当隆志社長は、「2030年には20万物件、100万室、100万人の登録を目指す」とのビジョンを描く。はたして「全国住み放題」というサービスは定着するのか。…

このエントリーをはてなブックマークに追加