News

ソフトバンク、次の狙いは中南米ITベンチャー

THE WALL STREET JOURNAL

ソフトバンクグループは中南米のIT(情報技術)分野の新興企業を対象とする50億ドル(約5600億円)規模の投資ファンドを立ち上げる。この地域へのベンチャーキャピタル(VC)の流入は急増しているが、他社をしのぐ桁外れた規模だ。...

このエントリーをはてなブックマークに追加