News

みずほ、なぜ6800億円損失? 3つのポイント

日本経済新聞

みずほフィナンシャルグループ(FG)は6日、2019年3月期の連結決算に、店舗や次期勘定系システムの減損処理などで約6800億円の損失を計上すると発表した。低金利やデジタル金融の進展で収益基盤としての役割が弱まり、経営の負担になった店舗やシステムを処理する。これに伴い、連結純利益の予想を前期比86%減の800億円に下方修正した。なぜこうした事態に陥ったのでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加