News

なぜ日本は中韓に比べてキャッシュレス化が進まないのか

COURRIER

2018年、日本政府は現金の利用を削減していく方針を明らかにした。ボストン・コンサルティング・グループの推計によれば、日本の現金決済の比率は全体の65%を占める。これは他の先進諸国の平均である32%のほぼ2倍にあたる。電子決済技術の開発では世界の先端を行っていた日本が、なぜ「キャッシュレス後進国」になってしまったのか? …

このエントリーをはてなブックマークに追加