News

パナソニック、「一蓮托生」のテスラに社運賭けるかー101年目の試練

Bloomberg

創業100年を迎えたパナソニックの津賀一宏社長の目下の大きな悩みは米電気自動車(EV)メーカー、テスラとの今後の関係だ。両社が進める車載向け電池の生産は軌道に乗り始め、「一蓮托生」になりつつあるが…

このエントリーをはてなブックマークに追加