News

座って食事をする人が米国で減少 レストランにとっては痛手に

Forbes

米国人の食事の習慣を調べる米市場調査会社、NDPグループの報告書「米国の食事パターン」からは、座って食事を取る機会が米国で減っていることが明らかになった。同社は、座って食事をするあらゆる機会のことを「食事の機会」と定義している。具体的に何を食べるかは考慮しないため、従来型…

このエントリーをはてなブックマークに追加