News

インド進出の新潮流(上)生産からR&Dへ 労働力を最大限活用

日刊工業新聞

インドを生産拠点としてではなく、研究や開発の拠点として選ぶ企業が、増え始めている。日本企業の多くが、労働力の安さや市場の成長性を求め、新興国に進出する中、インドは、中国や東南アジアで成功した手法をそのまま持ち込み、収益化まで時間を要すなど、苦戦する企業も多かった。インドの労働力を...

このエントリーをはてなブックマークに追加