News

日本の“おもてなし”自動化で世界に ITベンチャーのACALLがサービス提供

SankeiBiz

大手に限らず中小企業でも深刻な人手不足で、受け付け業務に人を割けるほどの余裕はない。こうした中、ITベンチャーのACALL(アコール、兵庫県芦屋市)は2月から、RPA(ロボティクス・プロセス・オートメーション)技術を活用した来客対応サービス「ACALL」で新しい機能の提供を始めた。受け付け業務に限らず、入退館の ...

このエントリーをはてなブックマークに追加