News

LDHも世界へ。グローバル化が進む音楽ビジネス

BUSINESS INSIDER JAPAN

今、アメリカの音楽業界でアジア系のミュージシャンが躍進を続けている。ヒップホップが完全に主流になったアメリカの音楽シーンを足掛かりに、アジアから世界的なスターダムを駆け上がる若手ラッパーが続々と登場している。 インドネシア出身の18歳、リッチ・ブライアン(Rich Brian)はその代表だ。きっかけとなったのは2016年に彼が「リッチ・チガ」名義でYouTubeに投稿したデビュー曲「Dat $tick」のミュージックビデオ。もともと11歳の頃から生まれ育ったジャカルタで、SNSにユーモラスな動画をアップするユーチューバーのような活動をしていた。同曲はその当時16歳とは思えないラップの技量とふてぶてしいたたずまいが話題を呼び、公開から半年で600万回を超える再生回数を記録した(同ミュージックビデオは2018年3月現在で8800万回再生となっている)。

このエントリーをはてなブックマークに追加