News

フランスから見た、日本の働き方改革に足りない視点

ダイアモンドオンライン

100年以上も続く、日本の働き方改革。その動きが活発化してきたことは歓迎します。例えば残業上限も、厚労省の法案にある年720時間以内から、フランスの年220時間に少しでも近いもので法制化されれば、社会的な進歩であることは確かです。しかしこうした法整備によっても、悪しき労働慣行(極度の残業依存や休日返上、 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加