News

「チョコレート危機」は本当に来るのか

東洋経済オンライン

今年も2月14日のバレンタインデーが近づいてきた。今は1年のうちで最もチョコレートが消費される時期だ。そんなチョコレートが今から2年後の2020年には価格高騰や入手困難になるかもしれない、といううわさが出回っている。 カカオが2020年、100万トン不足する? 発端はさかのぼること今から8年前の2010年ごろ。お菓子の情報を扱う米国のサイト「コンフェクショナリーニュース」などが記事で、「2020年には、世界のカカオ豆の生産量が需要を下回り、100万トンが不足する。チョコレートは庶民に手が届かない高価なものになる可能性がある」と報じたことだ。理由は地球温暖化やカカオ栽培の困難さ、新興国の需要増加、とされる。

このエントリーをはてなブックマークに追加