News

UCC、タイで合弁会社 コーヒー教育や現地向け製品開発へ

日本経済新聞

UCCホールディングス(HD)傘下のUCCアジアパシフィックはタイでコーヒーマシン販売を手掛ける現地企業と合弁会社を設立したと発表した。カフェチェーン向けの販売を強化する。将来はコーヒー専門の教育機関の開設や現地向け製品の開発も目指す。 合弁相手のK2は、コーヒー豆の焙煎(ばいせん)やコーヒーマシンの販売を手掛けるタイの現地企業。UCCはタイの多くのカフェチェーンを顧客に持つ同社と組むことで、法人向けのコーヒー販売を拡大する。...

このエントリーをはてなブックマークに追加