News

DHLの商用車EV、日本市場進出へ意欲

ニュースイッチ

国際輸送大手の独ドイツポストDHLグループは、二酸化炭素(CO2)排出量の削減に向け、自社で使う電気自動車(EV)の商用車を自前で生産している。生産子会社は、独NRW州の工業技術をリードするアーヘン工科大学発のストリート・スクーターだ。同州の支援を受けて事業を始め、DHL傘下に入った。今後、日本市場を含めて配送業者などへの外販を拡大...

このエントリーをはてなブックマークに追加