News

“腐らない”ジルコニウム 生体デバイスの普及を加速するか

ニュースイッチ

物質・材料研究機構の堤祐介主席研究員や東京医科歯科大学の塙隆夫教授らは、医療用デバイスなどへの応用が期待される金属「ジルコニウム」の生体内での腐食を抑える材料処理技術を開発した。金属試料表面に存在し腐食に関わる不純物に着目。電気化学的な表面処理を材料に施すことで不純物を取り除き、塩分を含む環境で腐食を抑えられることを明らかにした。ジルコニウム材料の耐食処理技術としての利用が期待される。…

このエントリーをはてなブックマークに追加