News

海外ネットワークで飼料原料を安定調達 JA全農

農業協同組合新聞

JA全農畜産事業では海外の農協組織などとネットワークを構築し、飼料穀物の安定的、長期的確保に取り組んできている。世界の穀物価格は一時期の高騰にくらべれば落ち着きを見せているものの、世界の人口は増え続け穀物需要は引き続き伸びることが見込まれており、わが国畜産の持続的な発展のためには海外の産地と結びついたJA全農の飼料事業は一層 ...

このエントリーをはてなブックマークに追加