News

最低賃金上げ、アジア席巻 「人気取り政策」外資警戒

日本経済新聞

東南アジアの各国が法令で定める最低賃金を大きく引き上げている。新興国の賃上げは消費の市場を広げるが、生産性の伸びを上回る賃上げは外資の投資を鈍らせる恐れがある。自国民の優遇を強める政権の姿勢が背景にあり、労働力が安価なカンボジアの最低賃金も数年後にはマレーシアな…

このエントリーをはてなブックマークに追加