News

外国人、もう代役じゃない 外食各社の成長の要へ

日本経済新聞

外食チェーンの経営における外国人材の役割が変わりつつある。もともとは人手不足を補うアルバイトが中心だったが、人材育成や海外展開など成長の要として欠かせなくなっている。外国人の在留資格は拡大が検討されているものの、正社員として登用するには依然として条件は厳しい。...

このエントリーをはてなブックマークに追加