News

“危機”にあるグーグルは、共同創業者の退任でどこへと向かうのか?

WIRED

グーグルにおいて、ひとつの時代が正式に終わりを迎えた。グーグルの共同創業者であるラリー・ペイジとセルゲイ・ブリンの退任が12月3日(米国時間)に発表された。規制当局による独禁法違反の調査や従業員との緊張関係など創業以来で最大とも言える“危機”が続く同社にとって、精神的な支えともいえる存在が退くことは、少なくない意味をもつ。...

このエントリーをはてなブックマークに追加