News

ヨーロッパ市場に切り込む「ユニクロ」の海外戦略とは

COURRIER

スペインの「ZARA」、スウェーデンの「H&M」に続き、「ファーストリテイリング(ユニクロ)」は、アパレル専門企業で世界売上高3位についている(2018年度)。さらに、2020年の東京オリンピック・パラリンピックでは、スウェーデン選手団のオフィシャル・クロージング・パートナーとなることが発表された。実際、世界展開に注力しているとはいえ、ヨーロッパではそれほど知名度が高いとはいえない日本ブランドを、現地の人たちはなぜ楽しみに迎え入れてくれたのだろうか。…

このエントリーをはてなブックマークに追加