News

ファーウェイ事件、中国の猛反撃は「この日」に行われる可能性。米中「技術覇権戦争」の開戦だ。

現代ビジネス

表面的には、一企業の経営者が捕まっただけだが、いま中国は、そして世界は、重大な岐路に立たされている。 それは、20世紀後半にアメリカとソ連が、半世紀近くも冷戦を繰り広げたように、21世紀前半の世に、アメリカと中国との「新冷戦」が全面的に展開されるかどうかという瀬戸際だからだ。

このエントリーをはてなブックマークに追加