News

データ主導のアプローチでより多様な人材を採用する方法

HARVRAD BUSINESS REVIEW

企業にとってダイバーシティ&インクルージョンの推進は必須である。義務や責任という枠を超えて、従業員の多様性が業績向上に直結するという結果も増えているが、どうすればそれを実現できるかについて、ほとんどの組織がわかっていない。全米プロゴルフ協会(PGA)もその一つであった。ゴルフが典型的な白人のスポーツとして認識されている中、PGAはデータ主導のアプローチを採用することで、黒人を含めた多様な人材の獲得に成功した。本稿では、他業界でも通用する汎用的な方法論が示される。

このエントリーをはてなブックマークに追加