News

セブン&アイ、ノウハウ共有で最高益

日本経済新聞

セブン&アイ・ホールディングスは11日、2018年3~8月期の連結決算を発表する。営業利益は前年同期比3%増の約2000億円と、同期間では6年連続の最高益となったようだ。例年と違うのは増益のけん引役が稼ぎ頭の国内コンビニエンスストアではなく、海外コンビニという点だ。海外は約1万店を展開する北米地域が主力で、国内とは違った売れ筋商品も存在している。…

このエントリーをはてなブックマークに追加