News

インドにセブン進出、3~5年で500店 小売市場開拓

日本経済新聞

インドにコンビニエンスストア「セブンイレブン」が進出する。現地の小売り大手フューチャー・グループがセブン&アイ・ホールディングスと組み、今後3~5年間で500店以上出す。インドの小売市場は70兆円規模で成長が見込まれるが、家族経営の中小零細店が多く、コンビニ業態は珍しい。小売業の近代化が急速に進むとみられており、地場資本を中心にチェーン展開が加速しそうだ。…

このエントリーをはてなブックマークに追加