News

なぜ企業はグーグルに「貢ぎ」続けるのか?

COURRIER

アメリカで企業が顧客とオンラインでつながろうとするとき、その経路の大半を支配しているのが「グーグル」だ。このネット巨大企業から広告を買わずしては、企業の経営が成り立たないと言っても過言ではない。政治家たちはIT大企業の監視を強化しているが、こうしたグーグルのデジタル関係完全支配は潜在的な障害になりつつある。アメリカでは巨大テック企業解体論も飛び出している。「グーグル」もそのターゲットとなっており…

このエントリーをはてなブックマークに追加